多汗と多汗症の違いとは何か?

暑いときや運動したときに人一倍汗をかく人がいわゆる「汗っかき」で、このときに出る汗はエクリン汗です。繰り返し述べてきたように、汗をかくことは人間にとって大切な生理現象ですから何も心配はなく、このような症状を多汗症とはいいません。

 

ところが、体を動かしてもいないのに多量の汗をかくケースがあって、これが「多汗症Lといわれるものです。
多汗症には、全身に多量の汗をかく「全身性多汗症」と部分的に多量の汗をかく「局所性多汗症」があります。このうち、全身性多汗症は、急性リウマチやバセドー氏病、結核や女性の生殖器障害などが原因で起こることもあります。

 

局所性多汗症は、手のひらや足の裏、頭、ワキの下などの部分に多くの汗をかきます。これは精神的なものによる自律神経の失調がもたらすもので、ストレスが多汗の原因になることが多いようです。よく、「冷や汗をかく」「手に汗を握る」などと表現される汗のことと思えばよいでしょう。

 

ただ、手のひらや足の裏などにはアポクリン汗腺はなく、エクリン汗腺のみなので、大量の汗をかいたとしてもワキガのニオイを発することはありません。ところがワキの下などはアポクリン汗腺が数多く分布しているため、単なる多汗の人の場合と同じように大量のエクリン汗がワキガを引き起こすきっかけとなります。

 

実際に、ワキガの人は同時に局所性多汗症であるケースが多いようです。そして、これは遺伝とは関係なくワキガになる人にも当てはまります。ストレスを感じやすい社会環境で自律神経のバランスが崩れ、それが人間の体質まで変えてしまうという
ことでしょう。

おススメのワキの悪臭対策クリーム2点

わきがクリーム『クリアネオ』

サンプルサイト

わきが手術をしなくてもわきが臭は抑えることが出来るんです!

≫クリアネオ詳細ページ

わきが専用デオドラント『ラポマイン』

サンプルサイト

女性のための、わきがケア専用デオドラントジェルクリーム。

≫ラポマイン詳細ページ