ストレスもワキガの原因になるのか?

毎日とる食事以外にも、普段の生活の中にワキガになる原因が潜んでいます。たとえばストレスもそのひとつ。とくに女性の場合、あらゆる分野で社会進出が進んだこともあり、受験や就職活動、あるいは職場での環境などが目に見えないストレスとなってのしかかり、ワキガを悪化させることにつながっているようです。

 

ワキガの悩みで当クリニックを訪れる患者さんでも、OLと学生の方が圧倒的に多く、主婦の方は意外なほど少なくなっています。また、同じ女性でも仕事を持っているときはワキガ臭が強くなり、家庭に入ると弱まるといった傾向があるのも事実です。

 

仕事を持つ女性は、家庭の主婦に比べてより多くのストレスを感じているということでしょう。ストレスがあるとワキガ臭が強くなるのには理由があります。人間は緊張したり、興奮したりすると汗をかきます。手に汗を握るとか冷や汗をかくというときの汗は「精神性発汗」といい、暑いときやスポーツをしたときにかく「温熱性発汗」とは区別されています。

 

緊張からストレスを感じると、アドレナリンが分泌されて血糖値が上がります。すると汗腺が刺激されて汗が分泌されます。緊張した状態が続けば、じわ−つと汗をかき続けるわけで、これはワキの下も例外ではありません。何度もご説明しているように、ワキガは、ワキの下のアポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺からの分泌物が複雑に作用して起こるものです。そのため、ストレスによる精神性発汗の回数が多ければ多いほど、ワキガが発生しやすい環境ができ上がるということになります。

 

また、神経質でくよくよしがちな性格だと、余計に問題が生じてしまうこともあるようです。このような人の場合、もともとワキガのニオイはそれほどでもないのに、周囲の人に迷惑をかけているのではないかと気に病み、気を遣えば遣うほど汗をかき、さらにニオイがきつくなるといった悪循環が起こってしまうのです。

 

もちろん、ストレスを感じたからといって、すぐさまワキガになってしまうというわけではありませんが、ストレス社会といわれる現代の環境が、ワキガ人口増加の背景にあることは間違いないでしょう。

おススメのワキの悪臭対策クリーム2点

わきがクリーム『クリアネオ』

サンプルサイト

わきが手術をしなくてもわきが臭は抑えることが出来るんです!

≫クリアネオ詳細ページ

わきが専用デオドラント『ラポマイン』

サンプルサイト

女性のための、わきがケア専用デオドラントジェルクリーム。

≫ラポマイン詳細ページ