食生活とワキガに関係はあるのか?

女性は男性よりワキガになりやすいといいましたが、この理由には食生活も大いに関係しています。ケーキなどの甘いお菓子ももちろんですが、肉類や乳製品をはじめ、油を多量に使ったこってりとした料理もワキガを引き起こしやすくなるのです。では、なぜこのような食事がワキガに影響を与えるのでしょうか。

 

私たち日本人の食事の内容が変わってきたのは、高度経済成長を遂げた昭和訓年代後半頃からです。ご飯に焼き魚、野菜の煮物、おひたしといった日本古来の淡白な味のメニューが徐々に食卓から消えていき、代わって食卓に並ぶようになったのが、肉類や乳製品が中心の欧米型メニューでした。

 

食事は体質をつくる大きな要素ですから、欧米型の食事をとれば、ワキガが起こりやすい欧米人の体質に近づいていくのは当然でしょう。肉類や乳製品を食べるとワキガになりやすい理由は以下の通りです。

 

肉類はエネルギー源として欠かせない高カロリーの食品です。たんぱく質が豊富で、動物性の脂肪をたっぷりと含んでいます。バターやチーズといった乳製品や卵などにも同様に脂肪酸や中性脂肪が多く含まれています。そして、実はこの食べ物に含まれる脂肪が、アポクリン汗腺や皮脂腺を刺激し、分泌を活発化させることが、ワキガ臭の原因のひとつになっているのです。

 

また、人気のエスニック料理などには何種類もの香辛料が使われていますが、刺激性の強い香辛料は汗腺の機能を昂進させる働きがあります。まとめれば、高カロリー、高脂肪の料理、そして香辛料はワキガを発生させる危険性をはらんだ食べ物ということになるでしょう。

おススメのワキの悪臭対策クリーム2点

わきがクリーム『クリアネオ』

サンプルサイト

わきが手術をしなくてもわきが臭は抑えることが出来るんです!

≫クリアネオ詳細ページ

わきが専用デオドラント『ラポマイン』

サンプルサイト

女性のための、わきがケア専用デオドラントジェルクリーム。

≫ラポマイン詳細ページ