人間の成長とワキガの関係を知る。

すっかりフェロモン効果を失ってしまったとはいいましたが、人間でも生まれてから幼児期にかけてはどんな赤ちゃんにも全身にアポクリン汗腺が分布しています。しかし、生まれたての赤ちゃんはニオイを放ったりはしません。これは汗腺自体が活動をしていないからです。

 

思春期になって、異性を意識しはじめる頃、汗腺の働きはにわかに活発化します。女性は初潮を迎えて胸がふくらみはじめる頃、男性ならヒゲが生えるとともに声変わりをする時期です。

 

その頃になると、赤ちゃんのときには全身にあったアポクリン汗腺も、ワキの下や陰部など特定の部位に残るだけとなり、ほかの部位は退化してなくなっています。そして、性ホルモンの働きが活発化する思春期に、アポクリン汗腺も目覚め、ワキガが発生するようになるのです。年齢でいうと、8歳くらいから徐々にワキガ臭が出はじめてきます。

 

女性の場合、ワキガは卵巣から分泌されるホルモンの働きによって起こり、性ホルモンの分泌量に比例して強く現れるようになります。そして、その後一生、ワキガの症状は続くことになります。そのため、帥歳を過ぎた女性が、ワキガの治療に来院されることもあるくらいです。

おススメのワキの悪臭対策クリーム2点

わきがクリーム『クリアネオ』

サンプルサイト

わきが手術をしなくてもわきが臭は抑えることが出来るんです!

≫クリアネオ詳細ページ

わきが専用デオドラント『ラポマイン』

サンプルサイト

女性のための、わきがケア専用デオドラントジェルクリーム。

≫ラポマイン詳細ページ