ストレスで再発したワキガのニオイが力ですっかりなくなりました。(50代主婦)

「まさかうちの主人だけは……」と思っていたのに、リストラの嵐はわが家のすぐそばまで迫ってきていました。残念ながら主人は去年、会社を辞めさせられ、新たな仕事を探す羽目になってしまったのです。退職金や失業手当てなどで何とかつないでいたものの、|向に就職できる気配はナシ。面接に行くたびに肩を落として帰ってくる主人に『「もっとガンバレ!」などというのも酷な話です。

 

息子と娘は高校生で、これからまだまだお金がかかります。そこで少しでも家計の足しになればと、私が働きに出ることにしました。仕事は小さな電気工事会社の経理業務です。こういうと簡単なように聞こえます毎求人倍率はかなりのもの。家計が苦しいのはどこも同じようで、1件の募集に対して何十人もの応募者が殺到するのが現実です。

 

何とか仕事を得たものの、その後がまた大変でした。仕事自体はそれほど難しくはないのですが、職場を仕切ろうとするベテラン女性社員にいじめられたり、課長に細かいことで文句をつけられたりといったことが、結婚後、ずっと専業主婦をしていた私にとっては大きなストレスとなってのしかかってきました。

 

「つらくても、辞めるわけにはいかない。主人はもっとつらいはず……」などとあれこれ考えてしまい、眠れなかった日も1日や2日ではありません。そして、勤めはじめて3か月ほどした頃、なんとワキガのニオイが再発してしまったのです。

 

加代後半から加代の頃はニオイのことをかなり気にしていて、あるクリニックでカウンセリングを受けたこともありました。そのときの診断結果は、「軽いワキガがありますが、それほど心配することはありません」というものでその後、結婚してからは自分がワキガであることを忘れていたくらいです。

 

「どうしよう、私、ワキガが再発しちゃった。ニオイが強いからって会社、辞めさせられることなんてないよね」夕食後、2人してテレビを見ていたときのこと。ごく軽い調子でいったつもりでしたが、主人は「私がワキガであることをはじめて知ったようで、ビックリしています。

 

「ワキガって、手術で治るんだろ。前の会社の若いヤシが受けたっていってたぞ。今どきの若者はニオイがあるなんて許せないって感じだからな」「ダメよ、手術なんて。すごい大変なんだから。入院したりとか……。それこそクビになっちゃうよ」

 

私は、昔読んだワキガの本の内容を思い出していました。それにとても大きな傷跡が残ることを考えると、とても手術に踏み切る勇気はありません。

 

しかし、翌日、主人が買ってきてくれた本を読んで驚いてしまいました。ワキガ治療は昔よりはるかに進歩していて、とくに最新の超音波ワキガ手術というのは、入院する必要もなく、傷跡もほとんど残らないというのです。「ほらな、今じゃ簡単なんだよ」と主人。

 

「でもね、お金もかかるし……」

 

私が困ったような顔をしていると、主人はポンと胸を叩いていいました。「あのさ、オレ、仕事決まったから。超音波でも何でも受ければいいよ。お前が暗い顔してちゃ、家族全員が暗くなっちゃうからな」「ホント?それを早くいってよ!」主人が私のワキガのことを心配してくれたうれしさと再就職のうれしさがごちやごちゃになり、思わず涙がこぼれてしまいました。

 

主人が買ってきたくれたのは、「恵比寿ガーデンクリニック」の本でした。そこでさっそくカウンセリングにうかがい、先生にたずねたところ、やはりストレスがワキガの原因になることもあると教えてくださいました。ちなみにこのようなケースが最近、増えているそうです。

おススメのワキの悪臭対策クリーム2点

わきがクリーム『クリアネオ』

サンプルサイト

わきが手術をしなくてもわきが臭は抑えることが出来るんです!

≫クリアネオ詳細ページ

わきが専用デオドラント『ラポマイン』

サンプルサイト

女性のための、わきがケア専用デオドラントジェルクリーム。

≫ラポマイン詳細ページ