自分のニオイを解消できたので他人に不快感を与えずにすみます。(会社員男性)

「自分のワキの下がかなりのニオイを放っているのでは….:」と思いはじめたのは、半年ほど前から。得意先を回って、会社に帰って自分の席に着いたところ、まわりにいた何人かの女性社員の顔色が変わる、ということが何度か続いていました。

 

そんなある日、ひどく暑い日がありました。汗っかきの私は、滝のように流れる汗を拭きながら、「あれっ、汗臭かつた?ごめんね」とごまかしたのですが、女性社員たちは次々と席を立ってしまったのです。私は学生時代、ラグビー部に所属していたくらいで、体もがっちりとしたいわゆる男臭いタイプ・昨今のオシャレな男性とはだいぶ違うとは自認していますが、「そこまで嫌われていたとは……」と落ち込んでしまいました。

 

その日、退社しようとする私の肩をたたく男性がいました。「課長、ちょっと一杯やっていきませんか?」話しかけてきたのは、同じ課の後輩。そして居酒屋で席に着くなり、その後輩がこういうのです。

 

「あの、今日、女性社員たちが話してたんですが…。センパイ、ひょっとしてワキガなんじゃないですか?」
「えっ?ワキガ?」と私。
「ええ。ボクの知り合いにもいたんで、たぶん間違いないと思います」
「そうか……。」

 

自分のニオイは、自分では気づきにくいといいます。とくに私の場合、男だけの汗臭い世界に長くいたため、なおさら鼻の感覚が麻偉してしまっていたのかもしれません。

 

「でも、これはどうしようもないだろ、汗が出るのを止めるわけにはいかないし…」
「それがね、今は手術で簡単に治るらしいですよ」

 

そして、私は後輩の知り合いが受けたという超音波ワキガ手術を受けることになったのです。カウンセリングで手術の内容を聞いたところ、実に簡単なもので驚きました。しかも、ちゃんとワキ毛まで残せるというからさらにビックリ。ニオイがなくなるのはありがたいけど、ツルツルのワキの下になってしまうのはイヤだなというのが私の悩みだったので、内心ではホッとしました。

 

そして、当日。1日だけ会社を休み、手術を受けに再び病院のカウンセリングで説明されたように、手術は測分ほどであっさり終了。顔に似合わず注射が苦手な私でも、痛みはまったく感じませんでした。翌日からは普段通りの生活に戻れますし、ワキの下を濡らさなければシャワーだって浴びられます。

 

こんなに簡単なら、もっと早く手術を受ければよかったとつくづく思ったく最近では、女性社員が席を立つようなこともなくなりましたし、私が帰社するとすぐさまお茶やコーヒーを持ってきてくれることもあります。彼女たちは私のことがイヤだったのではなく、私の放つワキガのニオイがイヤなだけだったのです。

 

ワキガの悩みを解消してくれるこんなにすばらしい手術があるとは知りませんでした。もし、これからワキガに悩んでいる人に出会うことがあれば、私は自信をもって、超音波ワキガ手術、をおすすめしたいと思っています。

おススメのワキの悪臭対策クリーム2点

わきがクリーム『クリアネオ』

サンプルサイト

わきが手術をしなくてもわきが臭は抑えることが出来るんです!

≫クリアネオ詳細ページ

わきが専用デオドラント『ラポマイン』

サンプルサイト

女性のための、わきがケア専用デオドラントジェルクリーム。

≫ラポマイン詳細ページ