ワキが、におうわけ

わきは、体のなかで唯一、鍋に蓋をするように腕ではさまれているため、大変蒸れやすいところです。アポクリン汗腺や、エクリン汗腺、皮脂腺が集中していると、皮脂や汗が腋毛にからむように付着し、高温で蒸れてくると、皮虐表面のブドウ球菌などの繁殖をまねき、脂肪酸などが分解されて酸臭を伴ってきます。アポクリン汗腺から分泌される粘っこい汗は、もともとは、性の信号の役目をしていました。

 

性ホルモンの支配を受け、思舂期の十二?十三歳のころから汗の分泌はさかんになってきます。ワキガが問題になってきたのは、人の生活様式によるところが大きいのです。

 

古代に簡単な衣服を身につけていたころには、わきの風通しもよく、においが異臭として感じることもありませんでした。ワキガは、衣服で全身を包み、満員電車に代表されるような現代社会生活にその原因があります。エクリン汗腺が多いと、ブラウスのそでが汗でぐっしょりとなり、アポクリン汗腺や、皮脂腺が多いと、わきのにおいに悩む原因となり得るわけです。

 

●汗が多い
汗は本来は体温の調節のため分泌され、蒸発することで体温を調節するものです。しかし、人に対面したり、人前で話をしたりすると、緊張感で手や顔、またわきに汗をかきますが、人それぞれ違います。

 

五十歳代の男性で、手術を希望してきた人がいます。結婚式の式辞を読んだりすることが多く、暑くもないのに緊張してワイシャツのわきからそでにかけて汗でぐっしょりとなり、八ンカチを両わきのシャシの下に入れているということでした。このように、日常生活に支障を来たすほどの「多汗症」は、手術的に治療する以外に解決の方法はありません。

 

●耳アカ
耳の孔から鼓膜までを外耳道といい、その外側三分の一に毛がはえていて、耳道腺があります。アポクリン分泌をして、これが多いと耳垢が湿性であり、少ない場合は乾性となっています。

 

「ワキガ」と湿性耳垢は関連があり、日本人の湿性耳垢は約17パーセントで、ワキガは10パーセントの出現頻度になっています。湿性耳垢の割合は人橦によって異なっていて、蒙古系人橦で10パーセント、東南アジアで約50パーセント、白人や黒人では大部分というような特色があります。湿性の耳垢は、ねばねばしていて、一説には、ジャングルの民で、小さな虫が耳に入るのを防ぐという意味もあるようです。

おススメのワキの悪臭対策クリーム2点

わきがクリーム『クリアネオ』

サンプルサイト

わきが手術をしなくてもわきが臭は抑えることが出来るんです!

≫クリアネオ詳細ページ

わきが専用デオドラント『ラポマイン』

サンプルサイト

女性のための、わきがケア専用デオドラントジェルクリーム。

≫ラポマイン詳細ページ