体臭に対する意識は国によって違いがある。

ワキガの症状を持っているのは、もちろん日本人だけではありません。世界に目を向けてみると、ワキガ体質の人の割合は、黒人なら100%、白人では80%、日本人は10〜15%となっており、パーセンテージが最も低いのは、韓国、北朝鮮の人といわれています。

 

ほとんどの人がワキガ体質という黒人や白人の割合が多い社会では、ワキガがとくに意識されることはありません。それどころか、そのニオイが人間の放つフェロモンの一種として、異性からは「セクシー」と思われるくらいです。

 

ところが、ワキガが少数派の日本では、だいぶ事情が違ってきます。もともと日本人は体臭があまりない上に清潔好きな民族なので、ワキガのニオイに対して強い拒否反応を示すようです。

 

ご存じの通り、ニオイは、「匂い」と書くこともあれば、「臭い」と書く場合もあります。匂い」のほうが香りや薫り、芳しさなどの心地よいニオイを表すのに対して、「臭い」のほうは、「くさい」とも読むように、他人に不快感を与えるニオイを表現するときに使う漢字です。

 

先ほどもいったように、「匂い」と「臭い」の受け取り方は人によって微妙に異なるものであり、どこからどこまでが「匂い」であるといったようにボーダーラインを引くことはできません。

 

たとえば、食べ物のことを考えてみてください・納豆やたくあんなどの独特なニオイや、シソやワサビなどの薬味の香りは。日本人にとっては食欲をそそる「匂い」ですが、食文化の違う人たちにとっては、これらは「臭い」となることが多いはずです。

 

このようなことからも、日本人と欧米人とでは、ニオイに対する意識の違いがあることがわかります。

おススメのワキの悪臭対策クリーム2点

わきがクリーム『クリアネオ』

サンプルサイト

わきが手術をしなくてもわきが臭は抑えることが出来るんです!

≫クリアネオ詳細ページ

わきが専用デオドラント『ラポマイン』

サンプルサイト

女性のための、わきがケア専用デオドラントジェルクリーム。

≫ラポマイン詳細ページ