体臭が異臭に変わる理由

においは、太古の昔では、個人や性差、求愛の識別の信号でした。体に簡単な布をまきつけていたころには、わきの毛にしたたる汗も体温の調節に有効で、信号としてのにおいも発していたわけです。汗もすぐに蒸散するので、体表も乾燥しやすかったのです。

 

文明の進歩とともに、人類が体に衣服をまとい、くつ下やくつをはくようになると、皮盧からの分泌物や汗は、体温がこもることによって蒸れた状態となりやすく皮虐の表面の細菌の増加と、その働きで、すっぱいような異臭が加わってきます。体臭や多汗をいかにおさえるかは、現代では、日常の重要なエチケットの一つとなっています。

 

においは昊腔の上側に嗅神経があり、その先端が嗅覚受容細胞になっていて、その情報を脳の嗅覚中枢で識別します。犬は二億二千万個の嗅神経を持ち、薑察犬や空港税関の麻薬捜査犬などの例にみられるように、訓練によって素晴らしい働きをします。

 

人も、犬には遠く及びませんが、約五百万個の嗅神経を持ち、ジャングルのある民族では、土についた足跡のにおいから、個人を識別できる例もあります。職業によっては、かすかなガス漏れを舅で感知できる人もいます。訓練することきで、驚くほど発達するものなのです。

 

ワインの鑑定、日本酒の利き酒、料理を味わうときには、舅の役割は最も大切だといわれています。おいしい料理を食べるとき、かみ砕き、舌で甘さ、辛さ、苦さ、酸味を感じると同時に、においの分子が咽頭から鼻腔に抜けることで、香りのおいしさを感じるのです。

おススメのワキの悪臭対策クリーム2点

わきがクリーム『クリアネオ』

サンプルサイト

わきが手術をしなくてもわきが臭は抑えることが出来るんです!

≫クリアネオ詳細ページ

わきが専用デオドラント『ラポマイン』

サンプルサイト

女性のための、わきがケア専用デオドラントジェルクリーム。

≫ラポマイン詳細ページ